緊急時 便利 スマートフォン

緊急時に便利なスマートフォン

海外でスマホを使うときは、料金が高額になるのでなるべく控えるようにはしています。

 

ですが、使わざるを得ないときもあります。
初めて行った韓国で迷子になりそうなとき、その場でグーグルマップで調べて目的地へスムーズに行けて助かりました。
看板はほとんどハングルなので、マップがないと初めての人は道はわかりづらいと思います。
海外では人気のない路地に入るのは非常に危険な行為なので、人気の多いルートで目的地へたどり着くのに非常にマップは役立ちます。

 

また、買い物や食事で失敗するのもイヤなので、気になるけど入ってみたいお店を偶然見つけたときは、インターネットでクチコミを見て参考にすることもあります。

 

渡航期間が長いと、家族や友人と連絡が取りたくなりますが、国際電話は高額なので気が引けます。その場合はSNSに投稿したりします。1件投稿するだけでたくさんの人と連絡が取れますし、LINEやskypeを利用すれば料金をさほど気にすることもありません。
海外にいるのに日本にいる人達とすぐに連絡が取れるのは、自身も家族も安心ですよね。

 

今、料金はいくらくらいになっているんだろう・・とヒヤヒヤしながらスマホを使用するのが嫌なので、私の場合はあらかじめ、だいたいの使用上限金額を決めて、通信料や通話料がどれくらいかかるのかを頭に入れておきます。

 

その上で、だいたい今の通話でこれくらいかかっただろうということを計算していき、上限金額に近づいたかなと思ったところで、SNSへの投稿などは控え、最低限の使用にしています。
なので帰国して、後日請求書を見て驚愕!といったこともありません。

 

料金が高くなるからと、海外旅行中は電源をずっと切っている人もいますが、安心するための情報を手に入れるツールとして考えるなら安いものだと思います。
ハワイに行ったときは、日本語が通じることが多かったので、マップや情報のアプリなどはあまり必要としませんでしたが、日本語が通じない、かつ初めて行く国では緊急時の情報収集用に必須だと考えています。

 

渡航前の下調べももちろん充分に行いますが、予想外の緊急事態ということも起こり得ます。
そんなときに、スマホは非常に心強いアイテムだと思います。"